Java (JRE 1.8.0 update 91)が動作しない (Windows 7, 32bit)

実行・アンインストールできない

Javaを使ったプログラムを実行しようとしても何も起きない。タスクマネージャを見るとjavaw.exeが暴走している。Javaのコントロールパネルを開こうとしても同様。
再インストールするためにアンインストールしようとしても同じ。javaw.exeを強制終了したところ正常にアンインストールが始まった。

インストールできない

しかし改めてJREをインストールしようとすると、最後の段階でやはりjavaw.exeが暴走して途中で止まってしまう。
javaw.exeを強制終了すると今度はjavaws.exeが暴走して、それを終了するとエラー1603でインストールが失敗した。
ファイル自体は展開されているのだが、そこからjava.exeを使おうとしてもやはりフリーズする。

アーカイブファイルを使う

今回必要なのはjarファイルの実行環境だけでコンパイラはもちろんブラウザプラグインも不要なので、他の手段を探してみた。
OracleのダウンロードページからJava SE > JRE とたどると、インストーラの他に単なるアーカイブも用意されている。そこからWindows用の.tar.gzをダウンロード、展開してみた。java.exeを実行したところ、今度は問題なくヘルプが表示された。
これで解決かと思ったのだが、展開したディレクトリを別の場所に動かすと同じようにフリーズするようになった。

原因

そうなると元々考えにくかったインストーラの破損というのは完全になくなった。いろいろな場所に動かして試行錯誤の末、JREのパス中にJavaというディレクトリがあるとフリーズすることがわかった。
デフォルトのインストール先はC:\Program Files\Javaなので、このせいでフリーズしていたのだろう。これまではこのパスでも問題なく動作していたので根本的な原因は不明だ。